【顎関節症】発症したら病院へ。予防は顔面ストレッチ!

こんにちは、よいこです。

顎関節症って聞いたことありますか?

あごの関節に異常があって、口を開けたりモノを噛んだりするのがすごく痛むようになるんです。

先日「あれ?なんか変・・・」と思ったら口が開かなくなってしまいまして。

おちょぼ口で食べたり飲んだりすることはできるので、緊急性は低いんですが(全然開かないと食べられないからマズい)いかんせん痛くて痛くて・・・。

2~3日たっても治る気配がないので、病院に行ってきました。

受診は口腔外科、治療は投薬。

かかりつけの総合病院に電話すると、「口腔外科に行ってください」と言われました。

その病院には口腔外科がなかったので「形成外科や整形外科はだめですか?」と聞いたら再度「口腔外科」との返事が返ってきたので、仕方なく近くの歯科・口腔外科を調べて行きました(新しい病院に行くの苦手なんです・・・)

先生に症状を伝えて、レントゲンをとってもらいました。

診断はやはり顎関節症

あごの関節に炎症が起こっているとのことで、炎症を抑える薬を処方され、「痛くない程度にマッサージをしてみてください」と言われたので、グリグリ顔の筋肉をもみほぐしながら帰宅しました。

顔の筋肉ってめっちゃ凝り固まってるんですよ。

表情が豊かな人はそうでもないかもしれませんが、私は能面寄りなのでめちゃくちゃ凝ってましたね・・・。

病院に行く前に飲んだ鎮痛剤はやっぱり一時的に痛みが和らぐだったけなので、正直「炎症を抑える薬で治るん?」と思いましたが、1週間程度で痛みも治まり、口もあんぐり開けられるようになりました。

よいこ

先生、疑ってごめん!嫌だけど病院行くのが最短で楽になるよ

顎関節症の予防はストレッチ&マッサージ

顎関節症の人って、顔の筋肉が硬かったり、ぐーっと歯を噛みしめてることが多かったり、どこかしら力が入っているはずなんです。

実際私も歯ぎしりとか食いしばりがすごいし、よく頬杖をついたり緊張したりストレスを感じると体にすごく力が入ります。

無意識状態でそれなんだから、意識的にほぐさないと症状が出てきちゃうのは当たり前のことなんですよね。

そうならないために、日ごろから予防として顔やあごまわりのマッサージをしましょう!

 

 

こちらの記事もわかりやすかったです!

参考 実践!顎関節症の初期治療となるセルフケアの方法NHK健康ch
ご注意
無理せず気持ちいいと感じるくらいの力でマッサージしましょう

顔面ストレッチ&マッサージで思わぬ効果も

痛みを早くなんとかしたい一心で顔をもみもみグリグリしていたわけなんですが。

なんか肌の調子がいいんじゃ??生理前だというのにあんまり肌荒れもないんじゃ??

これズバリ、顔面マッサージのおかげだと思われます。

ひと昔、コレが流行りましたね。

私もこれ持ってて、本当はきちんとオイルなどを付けてやる造顔マッサージで、首のリンパに老廃物を流すところまでやる本格派。

ここまで本格的なのは月イチくらいで、毎日こまめなもみもみグリグリが、美肌・さらには小顔にさえ効果があるような気がしてきました!!

40代からやるぜ、ソウルフルなラジオ体操と顔面マッサージ!

グッバイ顎関節症!!カモン小顔!!

顎関節症の原因と対策(私の場合)

そんなわけで、投薬+顔面マッサージで今は全く傷みなく大口を開けて食事もできているわけですが。

顎関節症の原因とその対策を少し考えてみました。

まず心当たりから。

  • 就寝時の歯ぎしり
  • 食いしばり
  • 常に緊張して体のどこかに力が入っている
  • 姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 頬杖をつく
  • 足を組む

出るわ出るわ・・・。(怖)

上から3つは小さい頃から&無意識のことなのですぐに改善するのは難しい・・・。

下の4つは意識することで治せるかな。

スマホやパソコン見ているとついついやってしまいがちですよね~。

これらを解消すれば顎関節症だけじゃなく肩こりや頭痛もなくなりそう。

つまり

  • 適度な運動
  • ストレスをためない
  • リラックス時間をつくる
  • 表情豊かに姿勢よく

 

・・・

 

これめっちゃむつかしいやつやん~!!

やろうやろう思って20年経っちゃったやつやん~。

なので、もっと具体的に・・・。

  • 毎朝のラジオ体操(魂込めて)
  • ストレスはたまる(あきらめる)
  • なるべくお風呂につかる(子供が一緒だからリラックス効果は薄いけど)
  • 子どもとたくさんおしゃべりするようにする(ママ友が少ないのバレる)
  • 娘のバレエのストレッチを一緒にやる

これならどう?

頑張れそうな気がしてきました。

まとめ

顎関節症、地味にツラいですよね。食べるのも痛いし。

口腔外科の先生曰く、完治はせずきっかけがあればいつでも再発するってことなので、もうこれはセルフケアで予防していくしかないんだと思います。

私は投薬のみで痛みがひいたので、マウスピースは作りませんでしたが、マウスピースの方が合う人もいるとのこと。

まずは信頼できる口腔外科の先生に相談するのが先決ですね。

ストレス社会はしんどいけれど、一緒に顔グリグリして小顔になりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA